おすすめSEO対策集


SEO対策に有効であろう対策紹介


日々変更、日々更新されていくので、現在有効であろう傾向と対策を検証していきます。


しかし、検索順位が上でも、アクセスが沢山あってもShopの方は売れなきゃはじまりません。


そのサイトに必要な対処をしないと意味がないのです。


基本的対策⇒TPO対策⇒内部対策⇒外部対策⇒基本的対策の見直しの繰り返しをご案内


SEO対策【基本編】

①サイトを作ったら検索エンジンに登録しよう

 これは最低限やっておきたいこと!

 今は、GooglとBingの2か所(Yhooは有料版のみで、バンドゥーは日本撤退)

 ほって置いてもスクロールしてもらえますが…登録しましょ!


 1- Googleにサイト登録

   世界NO.1のシェアを得ている検索エンジン Google
   各種サービスでも驚くような無料サービスを提供しヘビーユーザーを獲得しています。

   

    Google サイト登録 http://www.google.co.jp/addurl/にアクセス。

    http:// から始まるトップページのみ入力。(ここでは、サブページの登録は不要)
     表示された数字を入力。
    「URLを追加」をクリック。
     完了メッセージが表示されます。

    

   ウェブサイトをきっちり管理運営したい場合には、上記の方法で登録しなくても
   Google ウェブマスターツール(Google ウェブマスターツール 登録方法) で登録管理しましょう。

     ※アカウントをお持ちでない方は、Googleサイトの「新規登録」

      から IDを取得してください。

          --------------------------------------------


 2 ‐ Bing にサイト登録

   MS Live Searchを経て2009年春に Bing としてデビューし、日替わりの世界の画像を掲載、

   ビジュアル的に楽しませてくれるBingですが、

   現在のところ検索結果などの内部的な検索精度や評価は未知数です。

 

    Bing サイト登録 http://www.bing.com/docs/submit.aspxにアクセス。
    http:// から始まるトップページのみ入力。(ここでは、サブページの登録は不要)
    「URLの登録」をクリック。

    表示された英数字を半角で入力

      完了メッセージが表示されます。

       

            ウェブサイトをきっちり管理運営したい場合には、上記の方法で登録しなくても
   Bing ウェブマスターツール(Bing ウェブマスターツール 登録方法) で登録管理しましょう。

     ※アカウントをお持ちでない方は、MSNサイトの「新規登録」

      からWindows Live IDを取得してください。

          --------------------------------------------

大まかに、上記2か所は登録しておいたほうがよく、体感的には両方のマスターツールに登録し、管理しているのが一番感度良く結果が出てくると思います。